最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« かえるネットいわて大通り宣伝 | トップページ | かえるネットスタート集会「みんなで考えよう、若者と選挙」開催しました »

2013年3月 4日 (月)

「黒船ラーメン」を食べて「東日本大震災津波2年のつどいin大船渡」に参加しよう!報告

3月3日、東日本大震災津波2年のつどいin大船渡が、盛駅隣のカメリアホールで開催され、300名が集まりました。ラーメンツアーには7名の若者が参加しました。

講演は、立命館大学政策科学部教授の塩崎賢明さんです。

《「復興が遅い」という議論があるが、復興の方向・目標が定まっていないため、早い・遅いで考えない方が良い。阪神淡路大震災の被災者の孤独死が現在でも発生しているため、孤独死を生まない対策が必要。水道光熱費が払えず、孤独死に至っている例もある。住宅再建は、災害公営住宅より、自力再建を支援するべき。安倍内閣は、参院選に向けて、復興の実績を作りたいため、着工を急いで進めようとするが、住人本位で地域の再建を進められるようにしなければいけない。国の復興予算が2011年度補正予算で約19兆円組まれたが、被災者・被災地に直接渡った額は1兆4千億程度。予算の流用はとんでもない、自力再建できるよう資金を使うべきだ‥など》話してくれました。

塩崎さんの講演後、現地からの報告:ろくろ石地域公民館館長の村上誠需さんが、仮設住宅の連絡協議会を作り、行政とのパイプを作りたいというお話。陸前高田市議会議員の伊勢純さんが、高田市の生活再建支援制度のお話しがされました。会場からも数名発言があり、「7階建ての震災公営住宅を作られても、高齢者は目がまわる。住人同士のコミュニケーションがとれなくなる」「自治体によって、支援額が全然違うため、県で統一して支援して欲しい」など要望が出されました。斉藤信県会議員も発言をし、復興予算が215億円国から入るし、自力再建に向けて県としても検討していると、先日の県議会での様子を報告しました。

参加した、青年の感想は、「初めてこのような会に参加したので、勉強になった。」「たくさん、震災を経験しているのに、それが活かされてないのでは」「住宅とか早く作った方が良いと思っていたけど、時間をかけてやった方が良いと思った」など出されました。私の感想は、「やっぱり復興はこれからなんだなと…住人本位で復興できるように、話の場もこれから作らないといけない。資金も全然足りないし、国の支援をしっかりしてもらうために、自分もやれることやろうと思いました。」

大船渡秋刀魚だし黒船ラーメンも、おいしかったです。 八幡

Dsc_0056


Dsc_0054

« かえるネットいわて大通り宣伝 | トップページ | かえるネットスタート集会「みんなで考えよう、若者と選挙」開催しました »

コメント

 こんにちは~先日の大船渡行きお疲れ様でした。あとで「現地案内補強」を送りますのでよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111584/49857442

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒船ラーメン」を食べて「東日本大震災津波2年のつどいin大船渡」に参加しよう!報告:

« かえるネットいわて大通り宣伝 | トップページ | かえるネットスタート集会「みんなで考えよう、若者と選挙」開催しました »